商品紹介 商品紹介

松本

工美まつもと

松本

「工美まつもと」に一歩入ると、この道50年の店主、松本隆夫がにこやかに「ようこそ、ようこそ」とお客様をお迎えします。
若い頃より、清水公照師の教えを受け、「喜んでもらう喜び」をモットーに店を開きました。店の正面の欅の額に刻まれている言葉「善福入門」を常に心がけ、「人と人も、人とお道具も出会いです」という言葉通り、お客様と佳き作品との出会いの場を提供してまいりました。
お客様と話を始めると、時間を忘れ、時に商売も忘れて、共に趣味の世界へ飛翔してしまう店主ですが、美に対する豊かな感性と知識、そして何より深い愛情で、美術の世界の複雑な道筋を的確にご案内いたします。
店内の美術工芸品は、一つひとつが個性豊かで、作家の心がにじみでたものばかりです。
お客さまと作家と店との一期一会のご縁を大切にし、優れた作品と出会う喜びを心ゆくまで味わってください。

ジャンル Category商品紹介 趣味・工芸・レジャー
営業時間 Business hours AM10:30〜PM5:30
定休日 Holiday水曜日
T E L075-341-1543
F A X075-344-5643
U R Lhttp://www16.ocn.ne.jp/~kobi/
E-mailkobimatsumoto@peace.ocn.ne.jp
住所 Address600-8018 京都市下京区河原町仏光寺角

商品情報

松本01

推古鈴(すいこれい)

飛鳥時代、生命の源である「水」への信仰がさかんになり、水滴の形を尊んで、祭神具や貴人のお守りとして装飾品に用いられました。  清澄な鈴の音には邪悪なものを除き、幸運を招き寄せる霊力があるといわれています。伝統祭神具の制作者である水谷醒洋氏が、その彫金技術で一つひとつ丁寧に作られた「推古鈴」を、財布やバッグ、携帯電話のストラップとして、常に身に付けてご愛用ください。 (推古鈴1つ:3,150円、根付紐本:735円)    ※平成25年価格改定予定